女性に嬉しいヨガの効能

>

こういったことにもヨガは効果的

月経に関する不調

生理不順や月経痛で悩む人も多いのではないでしょうか。

月経は子宮の働きによって約1か月ごとに繰り返されるサイクルです。
子宮は排卵日や生理日の前後で緊張を緩めたり、収縮したりしています。
しかし、普段のストレス、悪い姿勢、それに伴う体のゆがみ、そして運動不足などが原因となって子宮の働きが悪くなり、生理不順になってしまうのです。

この生理不順を改善するための方法として、子宮を柔らかくすることが挙げられます。
そのために必要なのが、ストレスをためない、呼吸を深くする、適度な運動の3つなのですが、まさにヨガが最適と言えます。

生理不順の改善に最適なポーズもありますので、それも取り入れながらヨガをしてみましょう。

更年期障害

更年期障害は閉経の前後10年に間に起こるとされている症状です。
症状としてはむくみ、冷え性、めまいや火照りなどの、様々な体の不調が挙げられます。

その原因に女性ホルモンの減少があり、自律神経の働きが悪くなってしまうことがあります。
症状が進むと、骨粗鬆症や肥満、血管に関する病になる可能性もあります。

こういった症状は一定期間過ぎると楽になるといわれていますが、その一定期間の間症状に悩まされることになってしまいます。

こういった症状を緩和させるためには運動などで血行を良くし、体の細胞を活性化させる事が有効と言われています。
なので、自律神経の働きを整えるヨガで、体を動かし、リフレッシュすることで症状を緩和させることができます。


TOPへ戻る